元保護犬パグのナンシー、生後7ヶ月目でのお散歩デビュー

散歩

ゆてさいは最近どんどん朝型生活になっているので、夜の7〜9時頃に眠たくなってきます。

昨日(日曜日)も夜9時頃に寝落ちしてしまいブログを書けず…日曜なんだから明るい時間に書けってことですね^^;

今日はナンシーのお散歩デビューを振り返っていきます。

生後7ヶ月目での遅いお散歩デビュー

家では元気なナンシー

普通、犬の散歩デビューは生後3、4ヶ月頃だと思いますが、ナンシーは生後7ヶ月目でのデビューです。

元々ブリーダーのとこにいたナンシーですが、右目神経麻痺で捨てられ保護団体さんが預かっていました。

保護団体さんいわく、ナンシーはブリーダーのところでお散歩をしたことがないそうです。

生後7ヶ月というと人間でいうと10歳くらいですかね。

かなり遅いデビューですが、散歩できるのでしょうか。

外に出ると眠たくなる?

まずはふく、こまちゃんと同様に、首輪に慣れるところからスタートです。

今回も手ぬぐい→首輪と徐々に慣らせました。

てぬぐい、似合う♪
ふくのおさがりの首輪

そして、ナンシーのお散歩デビューの様子がこちらです。

【元保護犬パグのナンシー】お散歩デビューの様子

…はい、全く動きませんでした。

歩きませんというか、動きません。

ぽかぽか陽気が気持ちいいのか、だんだんと眠りに落ちているのは気のせいでしょうか?

「た…太陽が眩しい〜!」みたいな目をしています。

ほとんど外に出たことが無いような雰囲気でした。

その日の夜も状況は変わらず。

ただ、ゆてさいはそんなに深刻にはなりませんでした。

なぜならこまちゃんが散歩できるようになっているからです。

ゆてさい「デビューから半月くらい歩かなかったこまちゃんが散歩できてるから、ナンシーもそのうち歩くでしょ。」

という感じでした。

■こまちゃんはこういう状態でした。

一歩ずつ前進!

次の日の夜、抱っこして近くの公園に連れていきました。

この頃のナンシーは抱っこ中にもすぐ寝ようとします^^;

ゆてさいはナンシーのことを「脱力系女子」と言っていました。

公園散歩デビューはこんな感じでした。

【元保護犬パグのナンシー】公園散歩デビュー

すこ~しだけ動きました。

パグドリルもしましたし、手からあげたフードも食べました。

こんな感じで、ナンシーとの散歩は一歩ずつ一歩ずつ、毎日根気強く続けていきました。

「こまちゃんも最初はこんな感じだった」という安心感があるので、特に焦りはありませんでした。

毎日朝夜それぞれ15分ずつ、ナンシーがじーっとしているのを眺めたり、名前を呼んであげたり、フードで誘導したり、抱っこして場所を変えたりしていました。

とってものんびりした時間でした。

今回はこのへんで、次回ナンシーが歩けるようになるまでを書いていきます。

それでは🐾

コメント

タイトルとURLをコピーしました