ふくが来た頃のトイレトレーニング

トイレ

初めてのパグ・ふくを飼うことにワクワクしていたゆてお&さいちゃんですが、ふくがちゃんとトイレができるようになるかがとても心配でした。

ふくが来た頃のトイレトレーニングについて書いていきます。

初しっこはゆておのお腹の上

ブリーダーさんのところにいた生後2ヶ月頃のふく

ふくの初めてのしっこはゆておのお腹の上でした笑

ブリーダーさんのところで初めて会い、抱っこさせてもらったときのことです。

ゆてお「パグ、かわいい〜〜!」

ゆてお「…ん?なんかお腹が濡れてる…しっこしてるー!!」

これがふくとの出会いでした^^;

そして「犬ってどこでも急にトイレするんだな〜。ちゃんとトイレのしつけできるかなぁ…」と思いました。

そのときブリーダーさんにトイレのことを質問したのですが、教えてもらったことは、

  • うまくトイレできたら褒める!
  • 喜んだ声で大げさなくらい褒める!

ブリーダーさんとお話をしているときに、ふくが今度は上手にトイレできました。

するとブリーダーさんは「すご〜い♪よくできたね〜♪」と言いながら、ふくを撫でていました。

これがゆてお&さいちゃんの褒めるの基準になりました。

サークルの中でのトイレはなかなかいい感じ

サークル内でのふくの様子

ふくが我が家に来て半年くらいは基本的にサークル内で生活させていました。

120cm×60cmのサークルに、レギュラーサイズのトイレクレートを入れていました。

「犬の飼い方」などで調べるとよく紹介されている飼い方です。

サークルから出してふくと遊び、30分〜1時間くらいしたらサークルに戻して、トイレをしたらまた出して遊んで…というようなことをしていました。

よく「犬はキレイ好きだから寝床ではトイレをしない。寝床から離れたところでする。」と紹介されています。

ふくもその例に違わず、サークル内にいるときはクレート内ではトイレせず、ちゃんとトイレの上でできていました。

ちゃんとできたときはブリーダーさんがやっていたように「ふく〜、できた〜!すごいね〜!」とすぐに褒めていました。

トイレをする前に慌てたようにクルクル、バタバタ小走りを始めるので、ゆてさいはそれを眺めながら「しっこ♪しっこ♪」と掛け声をかけたりもしていました。

(正直この掛け声に効果があったのかは謎です。ふくにとって迷惑だったのでは…と思います。)

ときどきトイレの体勢になったときにトイレトレーから身体が半分出てしまい、トレーの外にトイレをしていましたが、すぐに拭いて処理していました。

トイレの場所を覚えさせるために、しっこを拭いたティッシュをトイレシーツにぽんぽんと付けて、匂いをつけたりもしていました。

サークル外にいるとトイレできる気がしません…

遊びに夢中のふく

さきほどサークルから出して遊んで30分〜1時間くらいしたら戻す、と言いましたが、戻す前にトイレをしてしまうことがよくありました。

「サークル外にいるときにトイレがしたくなったら、サークル内のトイレに戻ってトイレをする」というのがゆてさいの理想でした。

ただ、これがかなり難しい!

サークル外にいるときにバタバタとトイレっぽい動きをしたときに、「サークルに戻れるかな?」とそのまま眺めていても、まったくサークルの中に入りません。

そしてそのままその辺でトイレしてしまいます。

ちゃんとサークルに戻ってできたのは1ヶ月で数回だったと思います。

なかなかうまくできないので、褒める作戦も使えず…。

ネットで調べると、すぐにトイレできる子もいれば、時間のかかる子もいるので、まあ気長にやっていこうと思いました。

トイレとの戦いはまだまだ続く

ロープで遊ぶふく

ふくが来て1ヶ月くらいは「トイレいつできるようになるのかな〜?」と思う日々でした。

この記事を書いている時点では、ふくが来て約7ヶ月経ちますが、この間トイレを成功させるために色々とやりました。

それはまた今後書いていこうと思います。

では🐾

コメント

タイトルとURLをコピーしました