ふくとゆてさいのお散歩デビュー

散歩

今回はふくがお散歩を始めた頃について振り返っていきます。

ブリーダーさんのところでお散歩の練習をしていました

ふくは生後3ヶ月の頃にゆてさい家に来ました。

ブリーダーさんのところにいた頃にワクチン接種が2回済んでおり、ブリーダーさんがお散歩の練習をしてくださっていたようです。

なのでふくの本当のお散歩デビューを実は見ておりません笑

ゆてさい家に来たときにブリーダーさんから「もういつでも散歩できますよ」と言われたので、ふくを迎えた翌日にお散歩することにしました。

まずは首輪をつけるところから

首輪をつけたふく

ブリーダーさんからふくをお迎えする際に、首輪とリードも一緒に購入しました。

どんなものを買えば良いのか、長さがどのくらいが良いのか、何もわからなかったので、ブリーダーさんのところで販売しているものから選びました。

この首輪は当時の生後3ヶ月頃のふくにはぴったりでしたが、あっっっと言う間に大きく成長してサイズが合わなくなりました(現在この首輪はナンシーに引き継がれております笑)。

首輪は少し抵抗しましたがなんとか付けさせてくれましたが、リードをめっちゃカミカミ!

すぐにこのカミカミ治らないと思ったので、抱っこして外に行きました。

ふくよりも、ゆてさいがドキドキしていました

余裕の表情

ふくは既にブリーダーさんとお散歩デビュー済みですが、ゆてさいは初めての犬の散歩。

ふくが歩くかどうかよりも、リードを離してしまったり、ふくが飛び出して交通事故にならないか、首輪がすっぽ抜けないか…など結構不安でした。

ふくを地面に下ろすと、フリーズすることなくすんなり歩き始めました。

ゆてさい「おお、順調!これが犬の散歩か〜。」

と感慨深いものがありました。

すぐ歩けたのはやっぱりブリーダーさんのところでお散歩を経験していたのが大きいと思います。

ふくは結構歩きたそうでしたが、ゆてさいがゆっくりゆっくり、慎重に進んでいきました。

車の気配がしたら道路の端っこで車がすぎるまでじっと待機…。

石橋を叩いて叩いて渡る…という感じでした。

他のワンちゃんに遭遇したときには、子犬だからか、グイグイとワンちゃんの方に行っていました。

積極的すぎて、年齢が高めのワンちゃんには鬱陶しがられていましたね^^;

ワンちゃんよりも飼い主さんに「かまってかまってアピール」もすごかったです。

最初のうちはその姿が可愛かったですし、飼い主さん達にも可愛がってもらっているので良かったですが、今後ちゃんとしつけをしないとなと思いました。

急に散歩拒否パグになったりも…

散歩デビューから数日経った頃。

そろそろお散歩から帰ろうかという頃に…、

散歩拒否!

このように散歩拒否パグになる時期がありました。

ベターっと地面にふせの状態になり、引いても待っても動きません。

横からお腹をつんつんしたり、顔をわしゃわしゃしたりしても動きません。

結局抱っこして少し歩いて、地面に下ろして歩いて、また拒否犬になり抱っこして…を繰り返してなんとか家にたどり着くという感じです。

でも気が付いたら散歩拒否パグ現象は無くなっていました。

単に体力不足で疲れちゃっていたのかな?

理由はよくわかりませんが、治ったので良かったです。

上々の散歩デビューでした

ということで、ふくの散歩デビューはこまちゃんやナンシーに比べて楽だった印象があります。

ふくの散歩の苦労話はまた別で書いていきます。

では🐾

コメント

タイトルとURLをコピーしました