(人の)ベッドを撤去しました。撤去の理由と、撤去後について

お留守番

先日、久々に部屋を大きく模様替えしました。

ゆてさいが使っているベッドを撤去しました。

↓前回の大きな模様替えはこちら

ベッドを撤去した理由

ベッドを撤去したのは、以下の理由から。

  1. ふく、こまがベッドへの登り降りでジャンプして、膝に負担がかかりそうだから。
  2. 留守番中、ベッドの上に粗相するから(たぶん、ふくが…)。

1.膝への負担について

ベッドはマットレス含めで高さ50cmくらいあり、ふくとこまはジャンプしてベッドに登ることができます(ナンシーは登れず…)。

登るのはいいですが、降りるときに結構な高さからのジャンプになるので、着地のときに膝に負担がかかってしまいそうなんですよね。

ペット用の階段を付けてみようかとも思いましたが、階段を使わなかったらもったいないですし、部屋も狭くなるのでやめました。

↓ベッドが結構高い

2.ベッドの上への粗相について

ここ最近、平日の留守番中に(おそらく)ふくが毎日のようにベッドの上で粗相します。

うんち、おしっこ、どちらもします。

粗相されても良いように、ベッドの敷パッド(シーツのようなもの)の下にトイレシーツを敷いて、マットレスにおしっこが染み込まないようにしていました。

ただ最近はその存在に気づいたのか、トイレシーツを引っ張り出してカミカミしてしまいます。

その対策として敷きパッドをマットレス全体をカバーするボックスタイプに変えました。

ただ今度は洗濯の度にボックスシーツを付けたり外したりが非常に大変…。

というか毎日ベッドシーツ洗うって…。

てことで、「もうベッドいらなくね?」ということになりました^^;

撤去後の犬達の様子

ベッドを撤去といっても、今のところベッドフレームをどけて、マットレスだけ使うという感じになっています。

ビフォー

アフター

留守番中など、寝るとき以外はマットレスを壁側に立てかけています。

マットレスの中身が偏りそうなので、本当は立てかけたくないのですが…。

そのうち布団を買ってこようか、どうしようか考え中です。

ベッドがなくなったので、日中の犬達は毛布やクッションで作った犬用のベッドスペースで寝ていることが多いです。

夜は人のベッドの上で人も犬もみんな一緒に寝ています。

「犬と人が一緒に寝ると、主従関係が保てなくなる!」などの意見もあるようですが、我が家は気にしていません。

当然ですが、ベッドからの飛び降り問題や、ベッドへの粗相問題は解決しました^^

マットレス問題は解決していませんが、ひとまずこの状態で様子を見ていこうと思います。

それでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました